【イセゴイ】
 英名パシフィックターポン。
 大西洋沿岸などに生息するターポンの近縁種。ジャンプを繰り返すファイターのためルアーターゲットとして人気がある。口の部分は直単に硬い部分と柔らかい部分が両極端で、フッキングに一工夫が必要。70cm程度に成長するが、沖縄県内で1mクラスの目撃情報がある。
 釣れる場所はマングローブ地帯や漁港などで、主にマイクロベイトを捕食しているので、5cm以下のベイトフィッシュが群れる場所が好きポイントとなる。食味は基本的に雑巾風味。
 
 ●リンク先で「雑巾風味」とコメントしてるのは筆者ですw
【カライワシ】
 県記録は1m、7kgを超える。ターポンに比べてウロコが細かく、体が細いことが特徴で。沿岸よりも外洋に生息するため、ミズンなどのベイトフィッシュの影響で接岸しているようだ。

ルアー対象魚トップページへ戻る