×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  イカ・タコ類(頭足類)



ベースが白っぽい
【アオリイカ(シロイカ型)】
 古くから存在する和製ルアー「イカ餌木」を使って釣る。かつては自作がメインだったが、ルアー要素を取り入れたエギングが全国的に流行した。

 沖縄でシルイチャー(シロイカ)と呼ばれる。
   【アオリイカ(アカイカ型)】
 沖縄のアオリイカは3系等に別れ、外洋側に生息するのが大型化するアカイカ型アオリイカである。

   沖縄では磯や小型ボートから狙う従来のエギングのほか、深いエリアでアカイカ型を狙うディープエジングも行われている(3〜6月ごろ)。

 最大4kgを超える。 
   【アオリイカ(クワイカ型)】
 アオリイカの中では大型化せず、主にリーフ内に住む小型のアオリイカ。
  【コブシメ】
 方言で「クブシミ」と呼ばれるコウイカの仲間。
 最大で15kgを超える。

 石灰質の甲を持ち、海岸で流れ着いているのを見ることがある。甲は鳥のインコが良く食べる。


左:トラフコウイカ
右:コブシメ
【トラフコウイカ】
 コブシメと同じくコウイカの仲間。
 方言ではクブシミと分けて「イノークブシミ」と呼ばれる。
 色がカラフル。
 
【ソデイカ】
 方言でセーイカと呼ばれる。地方名はタルイカなど。
 沖縄の水産資源の中では大きなウェイトを占める。

 基本的に外洋の深い海で釣るが、潮の流れによっては接岸することもあるようで、筆者は久米島の真泊港で泳いでいるソデイカを目撃したことがある。
【トビイカ】
 文字通り水面を飛ぶイカ。
 沖縄本島南部の奥武島ではトビイカの一夜干しが風物詩になっている。
【ニセトビイカ】※写真上

 トビイカに混じって釣れるからニセトビイカなのか、えんぺら(頭)と腕の長さなど特徴のあるイカ。
【ケンサキイカ】
 乾物などで知られるケンサキイカは、実は沖縄にも生息しています。
タコ類 
 
     【ワモンダゴ】
 通称島ダコ
 エギングの外道としてヒットしてくることがある。

 釣果としては嬉しいものの、沖縄県内でのタコ類の捕獲については海区によって漁業権設定がまちまちなので、確認のうえ持ち帰る事をお勧めします。
 (漁業権侵害で訴えられた場合、罰金20万円の罪に問われる場合があります)

 沖縄県ホームページへ
   【ウデナガカクレダコ】

 本種は沖縄県内において漁業権設定がされていない種類で、遠浅の海岸線で専用の漁具やエギで狙うことができる。
   【シマダコ】
 エギングの外道としてヒットしてくることがある。

 釣果としては嬉しいものの、沖縄県内でのタコ類の捕獲については海区によって漁業権設定がまちまちなので、確認のうえ持ち帰る事をお勧めします。
 (漁業権侵害で訴えられた場合、罰金20万円の罪に問われる場合があります)

 沖縄県ホームページへ
   【ベニツケダコ】
 かなりレアなタコ。
 エギングの外道としてヒットすることがあるようですが、釣った方はラッキーかも。
 二枚貝の中に隠れたりするので水族館で人気だそうです。
 
 Special Thanks!!

 沖縄スクイッドジャンキーズ 赤侍氏

 沖縄のエギング界の最先端を走る釣師の赤侍さんより、このページに掲載するイカの写真を提供いただきました!
 沖縄にはまだまだ色々なイカがいるので、皆さんに知ってほしいとのことです。提供ありがとうございます!
 
 沖縄スクイッドジャンキーズでは釣りイベント「烏賊人パーリー」を開催しており、エギンガーの交流やマナー向上も行っています。

 エギングのみならずGTや様々な釣りにチャレンジする赤侍さんのブログはこちら!!
 
 ブログ:赤侍の燃ゆる釣魂
 釣り漫画ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール 撒き餌無料版  【イカ釣りの漫画】
LUCKY CAT’s LURE FISHING SCHOOL
巻き餌無料版 〜狙撃手見習いまぁや、釣るにゃん〜
無料です!!


(あらすじ)
 ゆるふわ系メイドのまぁやさん、釣り場管理人みやさんが、沖縄の海で即席エギングに挑みます!!


 
 無料ダウンロード可能です。
 お話全編閲覧できます。

 
●KINDLE端末またはPDFで閲覧したい方は、こちらをご利用ください(無料版のみ対応です)。
釣り漫画ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール 本編ダウンロード
ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール トップページへ 


ルアー対象魚トップページへ戻る