×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


ヒラアジ類



都市河川で釣りあげられた
ロウニンアジ(釣り人:Lwingさん)
【ロウニンアジ】
 「ジャイアント・トレバリー(GT)」の英名を持つ、沖縄のルアーフィッシングで最も人気のあるターゲット。方言名カマジーガーラ。大きくなると70kg以上に成長。沖縄では餌、ルアーともに釣れており、ベイトが絡むと浅瀬に大型が侵入することもある。ライトタックルでは比較的狙いやすい種類で、トップやミノー、ワームなど様々なルアーで狙うことができる。


 釣り技術の向上と乱獲で数を減らしてきた感じがあったが、近年はリリースも進み都市河川でも見かけることが多くなった。(生息数が多くなった説のほか、海水温が高いので川に逃げている説もある・・・)

 美味しいという人もいるが、1kgを超えると生臭くさほど美味しい魚ではないと個人的に感じる。

●ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール第1巻に登場
【オニヒラアジ】
 中型のヒラアジで最大10kg程度。
 シラスやミズンなどのベイトフィッシュを偏食する傾向が見られる。ひとたびベイトに付くとルアー選択などで当たり外れが出るが、シャローフラットや沖合いで回遊している、ルアーに学習していない群れにはトップウォーターなども有効。

 ベイトに付いたオニヒラアジは、食べているベイトによって捕食スタイルが違うので、攻め方やアクションを考える必要がある(主に夏のシラスパターンと冬のミズンパターン)

 オニヒラアジの釣り方の確立により釣れるようになったが、ナブラも年々小さくなっている気がする・・・。

●ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール第1巻に登場。第1話はシラスパターンを描いたものです。この部分は無料で読めます。
【カスミアジ】
 沖縄本島北部や離島など、サンゴの多いエリアで多く見られ、他のヒラアジ類よりも淡水を嫌う傾向がある。特徴的な青いヒレから、英名を「ブルーフィントレバリー」と呼ばれる。
沖縄近海での報告は稀だが、フィリピン方面など南方ではシガテラ中毒魚として知られるため、食する時は注意が必要。

【ギンガメアジ】
 最大10kgほどに成長する。30cm以下の幼魚は河口や港内で普通に見られ、群れを見つけられれば数釣りが楽しめる。数キロに成長した中・大型は沖合いのサンゴ礁に群れをなして生息している。
 幼魚は渓流を遡ることもあり、数日なら淡水にも住めるようだ。
●ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール第1巻に登場
 
 亜熱帯沖縄の釣りを漫画で解説!
LUCKY CAT’s LURE FISHING SCHOOL
第1巻 5話より


【カイワリ】
 沖合いで多く見られる。最大10kg程度に成長し、オフショアでのGTフィッシングの外道としてや、グルクンを餌にした大物釣りでヒットすることがある。
【リュウキュウイケカツオ】
 方言名ビービータヤー。カツオという名前だが、アジの近縁種。最大70cm以上に成長し、大型はシラスなど小型ベイトのほか、ミズンを偏食する傾向があるため、オニヒラアジ狙いの外道としてヒットすることがある。
【コバンアジ】
 海外で有名な「パーミット」の仲間。サンゴの多い澄んだ水の海域で釣れることがある。
 
 釣り漫画ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール 本編ダウンロード
 ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール トップページへ

ルアー対象魚トップページへ戻る