×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ハタ類

↑沖で釣ったスジアラ↑

↑ビーチで釣ったスジアラ↑
【スジアラ】
 沖縄の三大高級魚アカジンミーバイ。
 沖釣りの高級ターゲットとして知られるが、沿岸でも釣れることがある。

 深場の個体は赤く、浅場の個体はこのように赤黒い色をしている。汁物で最高のダシが取れ、どんな料理でも美味しく食べることができる。

 料亭などでは「赤仁ミーバイ」と充てられるが、換金性の高さから「赤銭」と呼ばれたことに由来するそうだ。
【カンモンハタ】
 方言名イシミーバイ。沖縄近海のハタ類では最も小型で、最大30p程度。水のきれいな浅い珊瑚礁や岩礁に多い。初心者にも簡単に釣ることができ、どの料理でも美味しく食すことができるので、乱獲が危惧される。小さいものはリリースするよう心がけたい。
   【イシガキハタ】
 カンモンハタに似るので分類が難しい。
 ともにイシミーバイと呼ばれる。
 イシガキハタは潮通しがよく他のハタ類と競合しないアウトリーフ側でよく釣れる感じ。
  【ヤイトハタ】
 大型化するハタで50kgを超える。
 アーラミーバイと呼ばれる。
 小型(2kg未満)は河川の下流の汽水域でも釣れる。
 【アザハタ】
 水深50mより深いところでよく釣れるハタ。
 かなり美味しいらしく、釣り仲間の間ではとても人気がある。
  【アオノメハタ】
 潮通しのよいリーフまわりで時折釣れる。
 【ニジハタ】
 潮通しのよいところで釣れるハタ。
 ハタの仲間では珍しくあまり美味しくない。
【バラハタ】
 方言名ナガジューミーバイ。ナガジューは「長尾」の意味で、尾ビレの先端が長いことからスジアラ(アカジン)と区別できる。

 
シガテラ中毒として知られており、どの色なら食べられるなど諸説あるが食べないほうが無難。東京の市場で流通し話題になったことがある。
 シガテラ中毒についてはラッキーキャッツ第1巻に解説あり。
【アカハタ】
 ハンゴーミーバイ。アカジンと似ているが、黄色味のある縞模様と丸い尾の形で区別できる。
 本州あたりでも釣ることができる。
 
 釣り漫画ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール 本編ダウンロード
 ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール トップページへ

ルアー対象魚トップページへ戻る